貸切露天家族風呂 神戸有馬温泉の旅館 元湯龍泉閣

龍泉閣 館内案内
龍泉閣 宿泊プラン情報
龍泉閣 宿泊予約
龍泉閣 旅館スタッフ紹介
神戸 六甲 有馬温泉 観光情報 有馬ナビ
お子様に優しい旅館
記念日のご旅行・ご宿泊
龍泉閣 温泉宿の日記
龍泉閣 温泉宿の写真館
龍泉閣 売店
有馬温泉の観光案内
有馬温泉への交通アクセス
温泉美人 美人入浴法 有馬サイダー
有馬温泉の昔話
有馬温泉の風土と歴史
貸切露天家族風呂 龍泉閣 リンク
貸切露天家族風呂 龍泉閣 旅館パンフレット
English







クエン酸について

【クエン酸補給】

疲労物質(L−乳酸など)がクエン酸回路に取り込まれる
 ↓
クエン酸回路内で燃焼活動(エネルギーが生み出す)が活性化する
 ↓
疲労物質や老廃物などが、完全燃焼によりエネルギー・炭酸ガス・水に分解され体外に排泄される
 ↓
体内に疲労物質や老廃物が残らない
 ↓
体質を弱アルカリ性にして、血液がサラサラになり柔軟な筋肉を保つ
 ↓
翌日に疲れを残さない!



【クエン酸ウォーターで対乳酸サラサラ化体質改善】

☆激しいスポーツと頑張っている方の天敵である乳酸(疲労の原因)をクエン酸で撃退できます。正確には乳酸を燃焼させるのです。

☆疲労物質の乳酸は体質を酸性にし、血液をドロドロにさせ、筋肉及び体を硬くする原因なのです。

☆クエン酸ウォーターは、クエン酸の他に、免疫機能を高めるビタミンCと、発汗により失われる体液(ナトリウム、マグネシウム等)も含まれています。(着色料、保存料は一切使用しておりません)

☆酸っぱく感じる方は体調が悪い、体が硬い、太り気味、疲れが残っている等酸性気味のドロドロ体質です。甘く感じる方は体調が良く弱アルカリのサラサラ健康体質だと言えます。  (毎日定期的に飲むことにより味が甘かったり酸っぱかったり、今の健康状態が分かり、ご自分の健康のバロメーターになります)

☆O-157など殺菌・予防・食中毒に、クエン酸が有効に作用する事がわかっています。

−この様な方にもお勧めです−

・血液をサラサラにしたい ・手足が冷たい ・便秘、肌荒れがひどい ・食欲が無い
・アルコールが翌日まで残る ・目覚めや寝つきが悪い ・体重、体脂肪が気になる
・風邪をひきやすい ・疲れやすい ・すぐバテル ・足が良くつる
・運動後の筋肉疲労がつらい ・体が硬い、または柔軟性が無い ・体力が落ちている



【濃縮タイプのメリット】

20倍〜30倍の希釈の清涼飲料水なので、大変経済的です。
粉末や顆粒と違い、冷水にもすぐに混ざり、手軽さという点では、群を抜き大変便利です。
(クーラージャグ等の大量での希釈には最も効果的です)
チームスポーツでの給水・会社でのお茶の変わりに・・・用途はさまざま



【特徴】

疲労物質であるL−乳酸をすばやく燃焼させ、老廃物を体の外に排出させるので、短期間で酸性体質を弱アルカリ性体質に改善して、疲れにくい健康体質を作ります。

クエン酸は、疲労物質「L−乳酸」をすばやく燃焼させ、老廃物を体外に排出し、短期間で酸性体質を疲れにくい弱アルカリ性体質に改善、さらに脂肪酸も燃焼させるため、シェイプアップの効果も期待できます。

クエン酸回路は、飲用後約一時間半でピークを迎え、その状態が約2時間持続します。したがって2〜3時間おきに1日500〜1000ml飲用いただきますと、一日中燃焼効果を引き出せます。

この乳酸をすばやく体外に排出させる事が勝利への近道であるという事が、プロ・アマスポーツ界の常識になりつつあります。

オリンピック選手、プロ野球選手などのトップアスリートが、クエン酸を愛飲しています。

失った汗(体液:ナトリウム・マグネシウム等)を補給しキープ!



【クエン酸ウォーター栄養成分】

1本中(900ml)
クエン酸 108,000mg   ビタミンC 18,000mg

原液値10ml当り(20倍〜30倍希釈で200cc〜300cc)
たんぱく質 0r ビタミンC 200r
脂質 0r ナトリウム 26r
炭水化物 7,45r マグネシウム 2r
クエン酸 1,200r 熱量 33,4r



【ビタミンCとは?】

ビタミンCとは、お肌の潤いを保つためにとても必要です。
風邪をひいた時ビタミンCを多く取るのは免疫機能を高めてくれるからです。
ストレスをやわらげる作用があります。



【クエン酸とは?】

クエン酸の働きにより、疲労回復・殺菌効果・整腸作用・二日酔い防止に効果があると言われています。
クエン酸は、人間の約60兆ある細胞の中で、クエン酸サイクル(ノーベル賞受賞学説)といえる代謝活動をスムーズに働かせるために、重要な働きをします。
クエン酸サイクルが円滑に動かないと、体内に疲労物質(乳酸)が溜まり、肩こり、疲労、二日酔い、風邪など様々な病気を誘発します。
クエン酸サイクルがスムーズに働いていれば、体内にゴミ(乳酸)は残らないので、血液もサラサラになり、酸性体質が健康な弱アルカリ性になります。


クエン酸ウォーター及びクエン酸による疲労回復、仕組み、効果

【疲労とは】

年齢とともに代謝機能が低下し、エネルギーの供給能力が小さくなってきていることと、頭でのイメージと実際の運動量でのギャップが原因で起こる違和感と言えます。激しい運動の結果、疲労物質(乳酸)が体内に急速に蓄積され代謝機能が追いつかず、エネルギーの供給能力が低下し、運動を維持(継続)しにくくします。つまり疲労は、疲労物質の蓄積によって引き起こされ、その蓄積量は運動量に比例します。そして疲労物質の蓄積量はエネルギー供給能力を決定し、このエネルギー供給能力が運動(継続)能力を決定します。



【疲労物質はどの様につくられるか】

息が苦しい無酸素状態でのエネルギー分解によって生成されるのが乳酸(疲労物質)です。この無酸素状態のことを、嫌気性分解といい、酸素を取り込み、エネルギーを分解する好気性分解では、疲労物質を水と炭酸ガスに完全に分解され、排出されます。よって、エネルギー量と酸素供給量と運動のバランスが崩れた時に疲労物質がつくられます。



【乳酸の体への悪影響】

無酸素状態(嫌気性分解)によって生成される乳酸は、細胞内に蓄積したり、血液中に溶出する為、体全体をより酸性側にシフトさせます。
通常、酸素は酸性側で、活性が著しく低下するものが多い為に、代謝量そのものを低下させてしまいます。また、酸性下では血液の粘性(ドロドロ値)も上がるため血行が悪くなり、エネルギーと酸素の供給が間に合わなくなる為、代謝が進みにくくなることがあります。つまり疲労物質とは乳酸であり、それは嫌気性分解(無酸素状態)によって(生成)つくられます。嫌気性分解の状態では、エネルギーがかえられないばかりでなく、細胞内での代謝能力が低下する為、ますますエネルギーがかえにくい状態になります。



【スポーツ(運動)への影響】

乳酸の蓄積した筋肉は固く伸縮性の乏しい状態になります。また乳酸が蓄積した状態で 無理をすることは、血液の粘性(流れが悪い)が上がり、またエネルギー、酸素の供給も間に合わず筋肉組織、靭帯、腱を損傷する可能性があります。
それと乳酸により酸性化された体は、個々の細胞の代謝をも抑制し内臓の機能さえも低下させることになります。(ホルモンのバランスを崩したり、免疫力の低下も引き起こす)



【疲労回復の方法】

血行を良くすることで代謝機能を高め、乳酸を減らし、疲労を回復させます。
また、マッサージ等によりコリをほぐし、血行を促し疲労を一時的に回復する対処治療も大事ですが、やはり乳酸(疲労物質)が溜まりにくい体質に転換することが大切です。



【乳酸が溜まりにくい体質にするには】

@心肺機能を高め、血液中へ酸素を取り入れやすくする(好気性分解)
A血行を良くし、酸素やエネルギー源を細胞に取り入れやすくする(血液浄化)
  代謝を活発にし、乳酸が溜まりにくくする(クエン酸サイクルの活性化)



【クエン酸による疲労回復】

クエン酸を細胞中に供給します。その結果、乳酸が消費され、身体のPH値が酸性から中性へと変化するため、体内の酸素反応が活発化し、また血液の粘性が低下する為に代謝が活性化され、細胞の一つ一つが元気になります。また消火器系、肝臓など身体全体をも活性化していきます。



【クエン酸がなぜ乳酸に効果があるのか】

正常な状態の好気性分解(酸素を取り込んだ状態)によりATP(細胞のエネルギー生産又は熱)を形成しエネルギーにかえます。つまりATPはエネルギーを燃焼させ、そして乳酸を炭酸ガスと水(呼吸と汗と尿)により排泄させます(乳酸を燃焼させる)。好気性分解時のみ、このATPは形成されないので疲労が蓄積した、また無酸素状態(嫌気性分解)ではATPが形成されず、乳酸も燃焼、排泄が滞ります。従ってクエン酸を細胞中に供給することにより疲労が蓄積した嫌気性分解の状態を好気性分解の状態にしてATPを生産させ、乳酸を燃焼させることができます。
無酸素状態(嫌気性分解)の体質を酸性体質、疲労物質が無い健康な状態を弱アルカリ体質と言います。
クエン酸ウォーターは日々のトレーニンクによる体質の変化、改善とクエン酸による疲労回復、根本的な体質改善に最適な機能性食品です。



【水分補給(水分コントロール)】

発汗などの脱水により体液が減少すると、一定の持久運動を続けるのに大きな負担を与えます。
特に暑い時の運動では大量の発汗量が予想され、適切な水分補給が必要となります。
ナトリウム、マグネシウム、カリウムなどを含む飲料は、電解質をバランス良く含み、体にすみやかに吸収されるので発汗時には最適な飲料と言えます。※クエン酸ウォーターには腎臓に悪影響を与えるカリウムは含まれていません。



【ノドの乾きのメカニズム】

体内の水分は約60%もあり、全身の細胞ひとつひとつに循環しています。
たくさん汗をかいた時にノドが渇くのは、減った体液を回復させようとするカラダの働きによるものです。汗は体液なのです。よって水を飲み、減った体液を補うことは、体液を水によって薄めているのと同じです。これではノドの乾きは止まりますが、体液が薄くなることで体内の水分バランスが崩れ、カラダが重くなったりダルくなったりする為、体液に近い飲料を飲むことを心がけることが重要です。



【水分の摂取コントロール】

クエン酸ウォーターは疲労を回復する機能と、水分補給に必要な機能を持ち合わせていますが、水分補給時の過剰な摂取をコントロールしやすいという特徴もあります。
その理由はクエン酸により多少の酸味があり、ノドの粘膜等に敏感に反応する為です。



【クエン酸ウォーターの補給、飲用方法】

【運動強度による水分補給のめやす】
1時間以内の非常に強い運動(トラック競技、バスケット、サッカーなど)
競技前 250ml〜500ml
競技中 500ml〜1000ml
※競技中は基本的に発汗量の50%の補給が原則

クエン酸サイクルまたはクエン酸の効果は、飲用後、約2時間持続します(飲用後1時間〜1時間半でピークをむかえる)。したがって競技中の全発汗量は30分から40分で最大発汗を示すので、競技前の30分〜1時間前からクエン酸を飲用するとよいでしょう。(競技中での飲用は倍に薄くすることをお勧めします)



【補足として】

クエン酸サイクルでのクエン酸効果は、約2時間持続するので2〜3時間おきに飲用すると一日中燃焼効果を引き出し、健康な弱アルカリ体質に改善していきます。※練習・競技後は少し濃い目のクエン酸を飲用しますと疲労軽減が早まります。



龍泉閣喫茶コーナーではグラス1杯300円でご用意いたしております。





[トップページ] [館内案内] [ご宿泊プラン情報] [ご予約] [スタッフ紹介] [有馬ナビ]

[お子様に優しい宿] [記念日のご宿泊] [龍泉閣日記] [龍泉閣写真館] [売店] [有馬温泉の観光情報]

[交通アクセス] [美人入浴法] [有馬の昔話] [有馬温泉の風土と歴史] [リンク] [English]

[貸切露天家族風呂] [金泉元湯露天風呂] [室内温水プール] [有馬温泉のイベント]



貸切露天家族風呂
神戸有馬温泉の旅館 元湯龍泉閣

こうべありまおんせん   もとゆ りゅうせんかく
【 http://www.ryuusenkaku.jp/ 】

〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町ウツギ谷1663
TEL:078-904-0901  FAX:078-903-0099
ご宿泊のお問い合わせはこちら:
ryuusen@skyblue.ocn.ne.jp