龍泉閣
龍泉閣

結婚記念日、お誕生日のお祝い、ご入学、ご卒業、ご就職、還暦などご長寿のお祝い、定年退職のお祝いなどの記念日のご旅行で、龍泉閣にご宿泊いただくお客様が大勢いらっしゃいます。
また、小さなお子様とご一緒に、お食い初め、ご入園、ご卒園のお祝いでもご宿泊いただいております。
こどもの日、母の日、父の日、敬老の日、孫の日、バレンタインデ-、ホワイトデー、クリスマスなどの記念日のプレゼント旅行でご宿泊されるお客様もいらっしゃいます。
記念日のお手伝いをご希望のお客様は「宿泊予約フォーム」の”その他ご希望欄”にご記入いただくか、お電話にて事前にお申し付けください。

「お食い初め(おくいぞめ)の儀」というのは、一生食べ物に不自由しないようにとの願いを込めて、初めて赤ちゃんに食べ物を与える儀式です。この頃に、歯が生え始めることから、その成長を祝う意味もあり、離乳食を与える際の古来の儀式だと言えます。
一般的には、生後100日目ごろですが、地方によっては、50日目、または、110日目や120日目ごろに行われます。
また、近畿地方では、お食い初めの儀式を延ばせば(食い延ばし)、長生きするということで、120日目以降の吉日に行なうことも多いと言います。
正式には「養い親」が箸をとり、食べさせるマネをします。伝統的には、祖父母や親戚の中の最高齢の人が「養い親」になります。これは長寿にあやかるという所から出た風習で、男の子なら男性に、女の子なら女性に依頼します。
まず、お膳に並べられた縁起のいい食べ物を口に持って行き、食べさせるマネをします。次に、箸を小石に触れて、その箸を赤ちゃんの歯茎に当てます。この時に石のように丈夫な歯が生えるようにお願いします。本格的な儀式では、「飯、汁、飯、魚、飯」という順に3回食べさせるマネをしますが、この際に、「一粒舐め」と言われるように一粒だけでも食べさせるようにします。
  • お食い初め

  • 焼 鯛

  • 「一升餅」や「一生餅」は、人の一生とお米の一升を掛け言葉にした呼び名です。
    一生食べ物に不自由しない、一生健康に育つ、一生円満に過ごすといった願いを込めて、一升分のコメで平べったい白い丸餅を作ります。
    風呂敷で丸餅を包んで、満1歳のお子様の背中に背負わせて、ハイハイさせます。背負いきれないほどの食べ物に恵まれた一生を過ごせるようにという願いを表しています。
    風呂敷は肩から反対側の脇の下に斜めに掛けます。風呂敷の代わりに、小さなリュックに丸餅を入れて背負わせるというご家庭も多くなっています。
    一升餅・一生餅・誕生餅・背負(しょい)餅・踏み餅・立ち餅・ぶっつけ餅・転ばせ餅・力餅など、地方によって、さまざまな呼び名があり、行事の内容もさまざまです。
    ※平べったい白い丸餅の代わりに、真ん丸い丸餅、紅白の重ね餅、足の形に似た楕円形の餅、板状の餅などもあります。行事の後で、丸餅を小さく切り、ご近所や親戚に配るという地方もあります。
  • 一升餅(一生餅)

  • 焼 鯛

  • 古代中国から伝わった暦法では、十干(甲乙丙丁~)と十二支(子丑寅卯~)を組み合わせて、時刻・日・月・年を表します。この「十干十二支」、つまり干支で年を示す場合、「甲子(きのえね」で始まり、60年で一回りします。つまり、「還暦」という言葉は、「本卦還り」とも称され、誕生した年の干支から61年目に同じ干支に戻ることを意味します。
    従って、「赤ちゃんに還る」という意味と「赤色は魔よけになる」という古来の伝承によって、「赤い頭巾、赤いちゃんちゃんこ、赤い座布団、扇子」などを用意して、生まれ変わった気持で、さらにご長寿をという願いを込めて一族の長老の還暦を一同が集まって祝いました。
    しかしながら、「人生50年」という時代と較べ、平均寿命が大幅に伸びた現代では、”数えの61歳(満60歳)”では、まだまだ隠居どころではなく、現役としてフルタイムで働いている方が大半です。ご本人も社会も、高齢のお年寄りという扱いではなく、「熟年・壮年の労働者」という意識になっています。こういう状況から最近では、親しい身内だけで、普段の誕生日より少し華やかにした程度で、還暦のお祝いとすることが多いようです。
    1)伝統的には、数え年で節目ごとにご長寿をお祝いしますが、最近は、満年齢でお祝いすることも多いようです。お祝いの時期は、 誕生日か、正月、敬老の日の前後が多いようですが、ご本人の体調など考慮して、気候がよく、できるだけ大勢の人が集まれる日をお選び下さい。

    2)一般的な還暦・ご長寿のお祝いについて
    ・表書きは「寿」だけか、または、お祝いに合わせ、「祝還暦、祝傘寿」などと書きます。水引は金銀か紅白で、熨斗(熨斗)を付けます。
    ・長寿のお祝いの際に、ご本人から内祝いとして、記念品、紅白饅頭、紅白餅、紅白砂糖、赤飯などを用意することもあります。この場合、記念品として、お祝いの字を染めた袱紗(ふくさ)、風呂敷、湯飲み茶碗などを配ることもあります。
    ・還暦のお祝いは、赤いちゃんちゃんこにちなんで、赤を基調にした派手目のセーター、ベスト、マフラー、ポロシャツ、ネクタイなどがお奨めです。さらに、高齢になると、衣類以外では、盆栽、書画、陶磁器、漆器、時計、白扇、インテリア装飾品、または、補聴器、眼鏡、読書用ルーペ、ステッキなどの実用品も考えられます。
  • 長寿のお祝い

  • 舟 盛

  • 焼 鯛

  • 花 束

  • 結婚記念日、お誕生日のお祝い、ご入学、ご卒業、ご就職、還暦などご長寿のお祝い、定年退職のお祝いなどの記念日のご旅行で、龍泉閣にご宿泊いただくお客様が大勢いらっしゃいます。また、小さなお子様とご一緒に、お食い初め、ご入園、ご卒園のお祝いでもご宿泊いただいております。
    こどもの日、母の日、父の日、敬老の日、孫の日、バレンタインデ-、ホワイトデー、クリスマスなどの記念日のプレゼント旅行でご宿泊されるお客様もいらっしゃいます。
  • ケーキ

  • 花 束

  • ワイン

  • シャンパン

  • クリスマス

  • 還暦・長寿のお祝い

  • お食い初め

  • 一升餅(一生餅)

  • ケーキ

  • 花 束

  • 舟 盛

  • 焼 鯛

  • ワイン

  • 地 酒

  • 焼 酎

  • シャンパン

  • お写真

  • クリスマス

  • ご宿泊プレゼント

  • 龍泉閣 龍泉閣 龍泉閣 龍泉閣 龍泉閣