舒明天皇 三日月のしほ湯にうつる影見れは
かた輪のなおる七日七日に
柿本人麻呂 みな人のかさにぬふてふ有馬菅
ありての後もあはんとそ思ふ
坂上郎女 なけきつゝ我なくなみだ有馬山
雲井たなびく雨にふりきや (万葉集)
和泉式部 元よりも塵にましはる我なれは
月のさはりとなるそ物うき (有馬小鑑)
小野小町 有馬ふじふもとのきりは
海ににてなみかととへは
をのゝ松かせ
大弐三位
(紫式部の娘)
有馬山いなのさゝ原風ふけは
いてそよ人をわすれやはする (百人一首)
仁西上人 有馬山まだあかつきは程遠し
なおかきたてよのり法のともしひ (有馬小鑑)
藤原俊成 有馬山雲間も見えぬ五月雨に
いて湯の末も水まさりけり (五社百首和歌)
藤原定家 ゐな山の山の雫も色づきて
時雨もまたず更けくる秋かな (捨遺愚草員外)
有馬山おろす嵐の寂しきに
霰ふるなりゐなのさゝ原 (捨遺愚草員外)
足利義詮 有馬山雪気の空に風冴えて
霰玉ちるゐなのさゝ原 (宝筴院殿御百首)
宗 祇 有馬山薬師の鐘の声きけは
諸病無病ときくそたうとき
読み人知らず 有馬山諸国のふしをうたう湯女 (1763年、宝暦13年)
西行法師
津の国の鼓が滝に来てみれば
岸辺に咲けるたんぽぽの花
沢 庵 すみ濁る心はふたつ荒川の
滝見るときはたきの白糸
秀 吉 月も日もいのち有馬の湯にうつり
やまひはなしの花とちりけり
つもりきて今こそまいるごくらくへ
只一すぢにみだのじょうどへ
本居大平
(本居宣長の養子)
津の国の有馬の山に出づるゆの
塩湯のみゆの出湯しよしも (有馬日記)
蓮 如 さかこしてゑにし有馬の湯舟には
けふそはしめて入そうれしき(有馬道の記)日数へて湯にやしるしの有馬山やまひもなおりかへる旅人(有馬道の記)
老の身の命いままでありま山又湯入らん事もかたしや(有馬道の記)
本居宣長



出ゆかば心ありまの水ぐきぞ

     よにもあやしくわき出にける






有馬筆ひょいと出たる言のはも

     人形よりはめづらしきかな
竹久夢二有馬笠笠に姿はつつめども

       わが恋妻は人も知りきや (山へ寄する)
高浜虚子六甲の裏の夜寒の有馬の湯
五十嵐播水有馬籠 編む夏のれんふくれつつ