鉄斎美術館 鉄斎と蓮月

幕末の女流歌人として知られ、今日もなお京都を中心に親しまれている大田垣蓮月尼。その慈悲深く謙遜な人柄に接して、大きな感化を受けたのが、若き日の富岡鉄斎(1836〜1924)です。鉄斎は二十歳のころ、父の命により蓮月の学僕として同居しています。陶器を作り生活する尼のために、鉄斎は陶土を搬入したり、出来上がった急須や茶碗などを粟田の窯元に運んだりしました。
歌人として人気の高かった蓮月は、和歌の揮毫を依頼されるとそれに添える画を鉄斎に描かせて合作とし、身が立つように配慮しました。また旅立ちの時は、その身を案じつつ激励する和歌を贈っています。遺された書簡には、45歳も年少の鉄斎に対する細やかな愛情が溢れています。青年鉄斎は蓮月の庇護と援助により、大成したと言っても過言ではありません。
年を重ねてもなお、折々に蓮月の画や陶器、書簡を取り出し、ふと思い出に浸る鉄斎―遺愛の品々からは、蓮月没後も深い思慕の念が貫かれていたことがわかります。
本展では、蓮月と鉄斎の合作をはじめ、鉄斎が終生身近に置き愛玩した蓮月作品を中心に展示します。また蓮月によって導かれた鉄斎の煎茶の世界も併せてご覧いただきます。

鉄斎と蓮月
▲クリックすると拡大します▲

鉄斎と蓮月
会期前期 2010年1月8日(金)〜2月7日(日)
後期 2010年2月10日(水)〜3月14日(日)
場所清荒神清澄寺 鉄斎美術館
宝塚市米谷字清シ1番地 清荒神清澄寺山内
休館日月曜日 ※但し1月11日(月)は開館、翌日休館
開館時間10:00〜16:00
入館料一般300円、高・大生200円、小・中生100円
※老人・障害者手帳を提示の方は半額
お問合わせTEL 0797-84-6699
http://www.kiyoshikojin.or.jp/museum/

[ 有馬温泉のイベント情報トップに戻る ]


兵庫のホテル・旅館案内 神戸 六甲 有馬温泉 観光情報 有馬ナビ