有馬温泉 貸切露天家族風呂 神戸有馬温泉の旅館 元湯龍泉閣

有馬温泉 龍泉閣 館内案内
有馬温泉 龍泉閣 宿泊プラン情報
有馬温泉 龍泉閣 宿泊予約
有馬温泉 龍泉閣 旅館スタッフ紹介
神戸 六甲 有馬温泉 観光情報 有馬ナビ
有馬温泉に家族旅行 お子様に優しい旅館
記念日のご旅行・ご宿泊
有馬温泉 龍泉閣 温泉宿の日記
有馬温泉 龍泉閣 温泉宿の写真館
有馬温泉 龍泉閣 売店
有馬温泉の観光案内
有馬温泉への交通アクセス
有馬温泉 美人入浴法
有馬温泉の昔話
有馬温泉の風土と歴史
貸切露天家族風呂 龍泉閣 リンク
貸切露天家族風呂 龍泉閣 旅館パンフレット
Arima Spa English
お食い初め
一升餅(一生餅)
兵庫県のゴルフ場一覧・オンライン予約


ちゃんちゃんこ
還暦・ご長寿のお祝い

Q.「還暦のお祝いでは、なぜ、赤いちゃんちゃんこを着るのですか?」

A.「還暦、その他のご長寿のお祝いについてお答えします。元来ご長寿のお祝いは、
  室町時代末期から始まり、江戸時代には、一般的な習わしになりました。」


INDEX
◆還暦のお祝い  /  ◆ご長寿のお祝い「賀寿」
◆還暦・ご長寿のお祝いの風習  /  ◆龍泉閣の「記念日のお手伝い」

◆還暦のお祝い

古代中国から伝わった暦法では、十干(甲乙丙丁〜)と十二支(子丑寅卯〜)を組み合わせて、時刻・日・月・年を表します。この「十干十二支」、つまり干支で年を示す場合、「甲子(きのえね」で始まり、60年で一回りします。つまり、「還暦」という言葉は、「本卦還り」とも称され、誕生した年の干支から61年目に同じ干支に戻ることを意味します。

従って、「赤ちゃんに還る」という意味と「赤色は魔よけになる」という古来の伝承によって、「赤い頭巾、赤いちゃんちゃんこ、赤い座布団、扇子」などを用意して、生まれ変わった気持で、さらにご長寿をという願いを込めて一族の長老の還暦を一同が集まって祝いました。

しかしながら、「人生50年」という時代と較べ、平均寿命が大幅に伸びた現代では、"数えの61歳(満60歳)"では、まだまだ隠居どころではなく、現役としてフルタイムで働いている方が大半です。ご本人も社会も、高齢のお年寄りという扱いではなく、「熟年・壮年の労働者」という意識になっています。こういう状況から最近では、親しい身内だけで、普段の誕生日より少し華やかにした程度で、還暦のお祝いとすることが多いようです。

◆ご長寿のお祝い「賀寿」

数え年 お祝いの名称 シンボルカラー 名称の言われ
61歳 還暦、華幸 誕生した年から61年目に同じ干支に戻る
66歳 緑寿(ろくじゅ) 2002年9月、日本百貨店協会が提唱、緑々寿の略
70歳 古希・古稀 唐の詩人・杜甫の"曲江二首"「人生七十古来稀」より
77歳 喜寿 草書体では、「喜」を「」 と「七」を三つ書く
80歳 傘寿 金茶・黄・金紫 略字では、「傘」を「」と縦に「八十」と書く
81歳 半寿 金茶・黄・金紫 「半」を分解すると、縦に「八十一」と書く
88歳 米寿 金茶・黄・金紫 「米」を分解すると、縦に「八十八」と書く
90歳 卒寿、鳩寿 白・黄 略字では、「卒」を「卆」と、縦に「九十」と書く
99歳 白寿 「百」から「一」を取ると、「白」になる
100歳 百寿、上寿、紀寿、
百賀の祝い
100歳以降は、毎年祝う
101歳:百一賀の祝い、102歳:百二賀の祝い
108歳 茶寿 「茶」を分解すると、「十十の下に八十八」と書く
110歳 珍寿・椿寿 古来、珍しい長寿の意
111歳 皇寿 「皇」を分解すると、「白の下に一十一」と書く
120歳 大還暦 還暦の2倍
注:上記は、一般的な説によるもので、全国各地の風習によって名称その他が異なります。

◆還暦・ご長寿のお祝いの風習

1)伝統的には、数え年で節目ごとにご長寿をお祝いしますが、最近は、満年齢でお祝いすることも多いようです。お祝いの時期は、 誕生日か、正月、敬老の日の前後が多いようですが、ご本人の体調など考慮して、気候がよく、できるだけ大勢の人が集まれる日をお選び下さい。

2)一般的な還暦・ご長寿のお祝いについて
・表書きは「寿」だけか、または、お祝いに合わせ、「祝還暦、祝傘寿」などと書きます。水引は金銀か紅白で、熨斗(熨斗)を付けます。
・長寿のお祝いの際に、ご本人から内祝いとして、記念品、紅白饅頭、紅白餅、紅白砂糖、赤飯などを用意することもあります。この場合、記念品として、お祝いの字を染めた袱紗(ふくさ)、風呂敷、湯飲み茶碗などを配ることもあります。
・還暦のお祝いは、赤いちゃんちゃんこにちなんで、赤を基調にした派手目のセーター、ベスト、マフラー、ポロシャツ、ネクタイなどがお奨めです。さらに、高齢になると、衣類以外では、盆栽、書画、陶磁器、漆器、時計、白扇、インテリア装飾品、または、補聴器、眼鏡、読書用ルーペ、ステッキなどの実用品も考えられます。

3)全国各地のご長寿のお祝いの風習

地域 お祝いの風習
北海道 還暦よりも米寿で、赤いちゃんちゃんこを贈ることが多い。
東北地方 還暦よりも米寿を祝うことが多い。数えの88歳のお祝いに子供たちから青い座布団を贈る。
最上地方 半紙や色紙に手形を押し、名前と「八十八」と書いた紙を米びつに貼る。所によっては、2月1日に長寿の祝いをする。
栃木県 還暦よりも米寿を祝うことが多い。所によっては、喜寿を「しちぼこ祝い」と呼んで火吹き竹を作り、半紙に水引をかけて配ることもある。また、米寿を「はちぼこ祝い」と呼んで、餅を搗き、赤飯を炊いて祝う。
郡馬県 米寿には、赤いちゃんちゃんこを着て、火吹き竹を配る所もある。
石川県 数えで61歳の男性は、還暦と同時に厄年としてお払いをする。最近は、女性も同様にするようになってきた。所によっては、還暦の祝いを節分から1週間以内の吉日にする。米寿の祝いに、誕生日に合わせて指の太さで20センチ以上の長さの竹を配る所や、赤い襦袢に赤頭巾を被る所や、紅白の餅と手ぬぐい、茶袋など配る所もある。
長野県 一部の地域では、還暦に赤い烏帽子(えぼし)を被り、白寿で白装束を着るが、お迎えが来るから縁起が悪いと祝わない人もいる。
愛知県 米寿の祝いに、升の米を平らに均す棒「斗掻き棒(とかきぼう)」、「升掛け」を贈る。
三重県 還暦には、赤いものを身に着けて祝う。また、同時に厄年として厄払いのお参りをして、帰りにハンカチを落とす。
伊勢・松坂地方 二十日正月過ぎから節分までに氏神様や観音様にお供えをして厄祝いをする。
京都 「斗掻き棒」および、半紙に「八十八」と書き手形を押して配る。貰った人は、部屋に貼ったり、神社に奉納したりする。
大阪 所によっては、88歳を「升掛け祝い」呼んで、内祝いに手形と升掛けを配ることもある。
中国地方 還暦には赤いちゃんちゃんこに赤い帽子で祝う。米寿は、子供たちが紫の座布団を贈る。一部の地方では、1月の吉日、1月11日を祝い日にしている。
四国地方 還暦に赤いちゃんちゃんこ、赤い帽子を子供たちが贈り祝う。近所や親戚などに年齢を書いた風呂敷を贈ることがある。
福岡県 南部地方では米寿を「斗掻き祝い」、または「尺祝い」と呼んで、物指しや餅を配ることもある。子供や孫が着物・座布団などを贈る。
博多 鶴亀の薄い模様の着物に赤いちゃんちゃんこを着て祝う。
佐賀 赤のちゃんちゃんこや座布団などを贈って祝う。
熊本 米寿の祝いに本人が「斗掻き棒」を親戚や近所に配ることがある。
鹿児島 地方では米寿の祝いに子・孫・ひ孫などが「親代々、子代々、孫代々、先祖代々」と、掛け声をかけて祝いの席を一巡する。
沖縄 干支の年に当たる人を「としびー」と呼んで、その年の最初の干支の日に祝う。長寿の祝いは、数えの61、73、85、97歳で行う。88歳の米寿を「とーかちすーじ」と言い、その年の8月8日に豆腐を薄く切り揚げた「るくーじゅ」という料理で祝う。この「るくーじゅ」は、2枚で120歳まで長生きするという縁起のよい食べ物である。97歳の祝いを「かじまやー」と言い、その年の9月7日に祝う。また、白寿の祝いを99歳の9月9日に祝うこともある。「かじまやー(風車)」を本人に持たせる。この祝いの日は、7つの道と7つの橋を通るが、同じ道は通れない。

◆龍泉閣の「記念日のお手伝い」

「ちゃんちゃんこセット」
還暦などのご長寿のお祝いのご旅行、ご宿泊に、「ちゃんちゃんこセット」の無料貸し出しを致しております。各種のご長寿のお祝いに、赤色、紫色、黄色、白色の4種類の『ちゃんちゃんこ、頭巾、座布団』のセットをご用意しておりますので、記念日に合わせてお選び下さい。「ちゃんちゃんこセット」をご利用されるお客様は、ご予約時にご希望の色をお申し付け下さい。
なお、各地で風習が異なりますが、龍泉閣でご用意しております上記の4色とお祝いの関係を一般的な説に沿ってまとめて見ました。いずれの説も101歳以上の色について触れていませんが、白色が適当なようです。

シンボルカラー 数え年 お祝いの名称
ちゃんちゃんこ 赤 61歳 還暦
ちゃんちゃんこ 紫 70歳 古希
77歳 喜寿
ちゃんちゃんこ 黄 80歳 傘寿
81歳 半寿
88歳 米寿
90歳 卒寿*
ちゃんちゃんこ 白 90歳 卒寿*
99歳 白寿
100歳 百寿
*注:「卒寿」については、黄色・白色の2説があります。

「ご宿泊チケット」のプレゼント
還暦などご長寿のお祝い、父の日や母の日、お誕生日、その他の記念日のお祝いで、龍泉閣へのご宿泊をプレゼントされるお客様は、ご予約時にお申し付け下さい。
郵便局の振替用紙をお送りいたしますので、ご宿泊料金を事前にお支払いただくことができます。なお、当日のお飲物代や別注料理などの追加料金は、チェックアウト時にご清算させていただきます。また、ご希望に応じて、「ご宿泊チケット」もお送りできます。 ご家族、グループでお越しの際にいかがでしょうか。

ちゃんちゃんこ 舟盛別注料理「舟盛」
還暦などご長寿のお祝い、その他の記念日のお祝いで、ご宿泊の際にご好評をいただいております。追加料金は、大きな舟盛(4〜5人前)が12,000円、小さな舟盛(2〜3人前)が8,000円になります。3日前までにお申し込み下さい。(写真は、4〜5人前の舟盛です。)

ちゃんちゃんこ 焼鯛別注料理「焼鯛」
尾頭付きの焼鯛をご用意できます。こちらも舟盛と同様に、還暦などご長寿のお祝い、その他の記念日のお祝いで、ご宿泊の際に、ご利用いただいております。追加料金は、5,000円からとなっております。3日前までに追加料金をご確認の上、お申し込み下さい。

ちゃんちゃんこ 赤飯別注料理「赤飯」
還暦などご長寿のお祝い、その他の記念日のお祝いで、ご宿泊の際に、ご利用いただいております。一人前600円でご用意致します。3日前までにお申し込み下さい。


ちゃんちゃんこ 金泉染めコースター「金泉染めコースター」のプレゼント
古希[70]、喜寿[77]、傘寿[80]、半寿[81]、米寿[88]、卒寿[90]、白寿[99]、百寿[100]、および101歳以上のご長寿をお迎えのお客様は、ご予約時にお知らせ下さい。ご宿泊の記念に、スタッフのお母さんが龍泉閣の源泉で染めた『金泉染めコースター』をもれなく無料プレゼント致します。



[有馬温泉 龍泉閣トップページ] [館内案内] [ご宿泊プラン情報] [ご予約] [スタッフ紹介] [有馬ナビ]

[お子様に優しい宿] [記念日のご宿泊] [龍泉閣日記] [龍泉閣写真館] [売店] [有馬温泉の観光情報]

[交通アクセス] [美人入浴法] [有馬の昔話] [有馬温泉の風土と歴史] [リンク] [English]

[貸切露天家族風呂] [金泉元湯露天風呂] [室内温水プール] [有馬温泉のイベント]



貸切露天家族風呂
神戸有馬温泉の旅館 元湯龍泉閣

こうべありまおんせん   もとゆ りゅうせんかく
【 http://www.ryuusenkaku.jp/ 】

〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町ウツギ谷1663
TEL:078-904-0901  FAX:078-903-0099
ご宿泊のお問い合わせはこちら:
ryuusen@skyblue.ocn.ne.jp