過去の公式ブログ
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2017年06月23日

    有馬温泉書籍

    このたび、「有馬温泉書籍」のコーナーをつくりました。
    有馬温泉や神戸の歴史、温泉学や神社縁起のような本から、六甲山や神戸の居酒屋などの観光関連の本まで多数取り揃えました。もともとスタッフが持っていたものに加え、新たな本も購入しました。
    神戸市内の知られざる居酒屋さんを特集したものや、司馬遼太郎さんの短編集には有馬の泉源「妬(うわなり)の湯」をタイトル・題材にしたものまであり、改めて神戸~有馬温泉の魅力を感じました。

    有馬温泉書籍

    お部屋にお持ちいただいても結構ですので、ご来館の際は、ぜひ、ご覧ください。観光がより楽しくなりますよ(^^)/

    2017年06月20日

    温泉むすめ

    全国各地の温泉をキャラクター化し、アニメ、漫画などへ展開していくクロスメディア・プロジェクト「温泉むすめ」が始動しました。

    温泉むすめ公式サイト
    https://onsen-musume.jp/

    6月4日、神戸ジーベックホール(XEBEC HALL)で行われた「温泉むすめ」初の地方イベントに先立ちまして、前日に声優アイドルの皆様に有馬温泉街を散策、取材していただきました。
    声優アイドルの皆様には各旅館の浴衣を着用していただき、(一社)有馬温泉観光協会有志の案内で温泉街を楽しんでいただきました。
    (龍泉閣のスタッフも一緒に同行しました。龍泉閣の浴衣も着ていただき、有馬温泉街の散策を楽しんでいただきました!)
    お越しいただいたキャスト、スタッフの皆様、ご協力いただいた各店舗の皆様、旅館の若旦那の皆様、本当にありがとうございました。

    また、神戸ジーベックホールでのラジオの生収録にもお招きいただき、観覧させていただきました。声優の皆様には、有馬温泉の魅力を楽しく語っていただきました!
    皆様かわいらしい方ばかりで、有馬での滞在を楽しんでいただき、とても嬉しく思いました。これからも有馬温泉(龍泉閣)は、温泉むすめの魅力と有馬温泉の魅力を発信し、温泉むすめを全力で応援していきたいと思います。

    当日取材にお越しいただきましたキャストの皆様です。ありがとうございました。(敬称略)

    草津 結衣奈(CV:高田憂希)/ 箱根 彩耶(CV:長江里加)
    秋保 那菜子(CV:高橋花林)/ 有馬 輪花(CV:本宮佳奈)
    道後 泉海(CV:篠田みなみ)/ 登別 綾瀬(CV:日岡なつみ)
    有馬 楓花(CV:桑原由気)/ 奏・バーデン・由布院(CV:和多田美咲)

    有馬温泉は、有馬輪花ちゃん、有馬楓花ちゃんの双子のキャラクターがいるんですよ(^^)/

    温泉むすめ

    2017年06月18日

    有馬こゆな選考会

    有馬温泉では、有馬温泉をPRする女性『有馬こゆな』を募集しております。
    有馬こゆなに選ばれた方は2年間、有馬温泉のPRレディとして(一社)有馬温泉観光協会が主催するイベントや事業に参加していただき、有馬温泉のPRに努めていただきます。

    ★★★ 第4回 有馬こゆな選考会 ★★★

    ■応募要項
    関西の奥座敷「有馬温泉」をPRしていただく方を募集いたします。
    ・明るく元気で、有馬温泉のイベントに積極的に参加できる方。
    ・有馬温泉が大好きで、有馬温泉の魅力を存分にPRしていただける方。
    ・自慢の特技がある方(楽器が弾ける、スポーツが得意、着付けができる、など)

    ■応募資格
    ・日本国に在住で、2017年8月19日時点で18歳以上の方(高校生は不可)。
    ・2017年8月19日(土)実施の最終審査にご参加いただける方。
    ・自薦・他薦および、未婚・既婚は問いません。

    ■応募方法
    応募方法は「インターネットから」または、「郵送」でご応募いただけます。

    有馬こゆな選考会 インターネット応募ページはこちら>>

    有馬こゆな選考会 応募用紙(PDF)はこちら>>

    応募締切:2017年7月19日(水)(当日消印有効)

    ■最終審査までの過程

    ◆一次審査
    書類による一次審査を行います。一次審査を通過された方には、概ね7月末頃に選考会事務局から最終審査の詳細をご連絡させていただきます。

    ◆最終審査
    2017年8月19日(土)に有馬地域福祉センターにて、各々の有馬温泉に対する思いやエピソード、また、特技を披露していただき、審査員の厳正なる審査によって「有馬こゆな」を決定いたします。

    ■有馬こゆなの活動
    有馬こゆなに選ばれた方は2年間、有馬温泉のPRレディとして(一社)有馬温泉観光協会が主催するイベントや事業に参加していただき、有馬温泉のPRに努めていただきます。

    ◆具体的な活動内容
    ・(一社)有馬温泉観光協会が主催するイベントや事業への参加。
     (桜祭り、有馬温泉夏祭り、有馬涼風川座敷、有馬大茶会など。)
    ・有馬温泉観光キャラバン隊の全国各地でのPR活動への参加。
    ・新聞・雑誌など、各メディア媒体への出演。
     (各メディア媒体へ露出の際、肖像権は(一社)有馬温泉観光協会または、各メディア媒体に帰属いたします。)
    ・活動に参加していただいた際には、ささやかですが謝礼金をお渡しいたします。

    ◆有馬こゆな facebook

    有馬こゆな facebook
    有馬こゆな facebook はこちら>>

    ■個人情報の取り扱いについて
    ご応募いただいた個人情報は、当イベントを運営するため、または、当イベントに関するご案内やご連絡等に利用するため以外には利用いたしません。

    ■お問い合せ
    有馬温泉観光総合案内所 TEL 078-904-0708 (9:00~19:00)

    有馬こゆな選考会

    2017年06月17日

    沙羅の花と一絃琴の鑑賞会

    有馬温泉では、6月17日(土)と18日(日)に「沙羅の花と一絃琴の鑑賞会」が開催されています。
    本日、運営スタッフとして参加し、初日の様子を撮影してきました。

    沙羅の花と一絃琴の鑑賞会

    念仏寺の庭には、樹齢300年余の沙羅双樹の木があり、真っ白な花を咲かせます。この花は、1日で散るところから無常を感じる花とされています。次から次へと咲き、そして散り行く花は苔の庭にちりばめられ、耳を澄ますと落ち花の音もかそけく心澄み渡るといわれています。

    沙羅の花と一絃琴の鑑賞会

    当会では、開演前に本堂にて、お抹茶と沙羅の花をイメージした限定のお茶菓子をお召し上がりいただきます。
    本年度のお菓子は、初めての試みとしまして、有馬温泉が現在力を入れている山椒を使用しています。甘いお菓子にほのかに山椒が香り、爽やかな初夏を連想させます。評判は上々で、お土産にたくさん購入していただきました。

    沙羅の花と一絃琴の鑑賞会

    沙羅のお庭では、まず念仏寺住職の法話をお聞きいただきます。
    昨年度は体調を崩されていて法話はございませんでしたが、本年度は再びお話いただいております。ご住職のユーモア溢れるお話しで本日も盛り上がっていました。

    沙羅の花と一絃琴の鑑賞会

    続きまして、須磨琴保存会の先生方の一絃琴の演奏をお聞きいただきます。
    一絃琴は、一枚の板の上に一本の絃を張っただけの極めて簡単素朴な楽器で、板琴、一つ緒の琴と呼ばれることもあります。

    沙羅の花と一絃琴の鑑賞会

    一絃琴の歴史は、一千百余年の昔(平安時代初期)、中納言、在原行平が勅勘を被って須磨の地に流されたとき、渚で拾った板切れに冠の緒を張って琴を作り、岸辺の葦の茎を爪にして、その琴を弾じながら、はるか都を偲び、自らの寂寥を慰めたのが始まりと伝えられています。このため、古くから「須磨琴」と呼び慣らわされてきました。1976年には兵庫県重要無形文化財の指定を受けるまでになっています。

    明日6月18日(日)も当会は開催されます。当日券もございますので、有馬温泉にお越しの方は、ぜひ、ご参加ください。

    ※会場が寺院の為、仏事行事が入った場合はご覧いただけないことがあります。その際はあしからずご了承ください。

    2017年05月21日

    地元淡路島産鱧

    6月~8月末の期間限定で、初夏の味覚「淡路島の鱧」と「神戸牛」をお楽しみいただくプランをご用意いたしました。

    潮の流れの速い明石海峡で育った淡路島の鱧は、身が引き締まり脂がほどよく乗った、噛むほどに旨味が出る逸品です。
    自家製の鍋出汁を使った鱧すき鍋には、淡路島産の玉ねぎなどの野菜もたっぷり使用しています。
    鱧すき鍋と地元兵庫県産A5ランク神戸牛フィレステーキ(100グラム)をメインに、前菜、鱧の落とし、椀物、デザートのご用意となります。
    有馬温泉で初夏の味覚を、ぜひ、ご堪能ください。

    【初夏の風物詩★】地元淡路島産★鱧すき鍋★とステーキ会席プラン

    ※「淡路島の鱧」と「但馬牛」のプランもございます。
    ※こちらのプランのご予約は3日前までにお願いいたします。

    地元淡路島産鱧

    明石海峡で育った淡路島の鱧は、身が引き締まり脂がほどよく乗った逸品です!

    鱧の骨切

    新鮮な鱧を当館の料理人が丁寧に食べやすく骨切りいたします。

    hamo-7

    hamo-10

    自家製の鍋出汁を使った淡路島産鱧すき鍋には、淡路島産玉ねぎなど新鮮なお野菜もたっぷり使用しています!

    hamo-8

    鱧の落としもご賞味ください。

    神戸牛01

    神戸牛02

    地元兵庫県産A5ランク神戸牛フィレステーキ(100グラム)もお楽しみください!

    1 2 3 4 5 6 401