過去の公式ブログ
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2016年01月09日

    01

    本日1月9日、西宮神社本殿前において「西宮神社献湯式」が行われ、有馬温泉の金泉を奉納いたしました。

    本日はお天気も良く、土曜日ということで、参拝にお越しの皆様で大変賑わっていました。

    02

    平成7年からはじまった献湯式は、西宮神社まで有馬温泉の金泉を運び、桶に移した後、湯女に扮した芸妓衆が湯もみ太鼓の囃子にあわせて湯もみを行い、適温になったお湯と湯文を神前に奉納します。

    1月9日「宵えびす」は、「十日えびす」の宵宮祭のことで、毎年、多くの参拝客に囲まれながらの儀式となります。

    03

    04

    05

    儀式に使用した金泉は西宮神社本殿前に奉納しております。

    奉納された有馬温泉の金泉に1円玉を浮かべて拝むと福を招くとも言われ、同じく奉納された「招福大まぐろ」にお賽銭を張り付けて拝むのと並んで、今年一年の金運を占う神事となっています。

    参拝の際は、ぜひ、有馬温泉の金泉に一円玉を浮かべてみてください。

    06

    2016年01月02日

    入初式01

    本日1月2日、「有馬温泉入初式」が開催されました。
    有馬温泉入初式は、江戸時代から続いている伝統行事で、「神戸市地域無形民俗文化財」にも認定されています。
    有馬温泉を発見されました大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)と、有馬温泉を再興されました恩人である行基菩薩・仁西上人に、報恩と温泉の繁栄を祈念して行う儀式です。また、練行列や有馬の芸妓が扮する湯女衆が湯もみ等を行う、新春を寿ぐ行事でもあります。

    温泉寺で「としのはじめ」を全員で歌い、練行列が出発します。
    湯泉神社の神輿と、行基上人像・仁西上人像を乗せた温泉寺の輿が担がれます。途中、「金の湯」で初湯をいただき、有馬小学校の文化講堂へ向かいます。

    入初式02

    文化講堂では、まず、神式の部として、祝詞奏上、雅楽演奏、玉串奉奠が執り行われます。

    入初式03

    続きまして、行基・仁西両師の御像に初湯で沐浴をしていただくため、太鼓の調子に合わせ、湯女が初湯をもんで適温まで冷まします。

    入初式04

    仏式の部として、有馬仏教会七カ寺による読経が行われ、参列者による潅仏(行基・仁西両師の御像に初湯で沐浴をしていただく)が行われます。

    入初式05

    本日は観光客代表としまして、アメリカからお越しの男性にも潅仏を行っていただきました。

    入初式06

    入初式07

    潅仏に続きまして、入初式の歌を湯女衆が歌い、祓い行事が行われます。祓い行事とは、茣蓙にまかれた新米を湯女衆が若松の枝で掃き寄せる行事で、集められたお米は縁起物として配られます。

    文化講堂で入初式は閉式となり、再び練行列は温泉寺へ向かいます。

    入初式08

    その途中、観光総合案内所前で、「戻せ、返せ」の行事が行われます。

    入初式09

    入初式が終わって帰る輿に、湯女は「戻せ、返せ」となごりを惜しみ、輿は行きつ戻りつします。これは慈悲深い上人を慕い、上人のお帰りを惜しむ様をあらわしたものと伝えられています。
    本日は、例年よりも暖かく、穏やかな気候のもと「戻せ、返せ」の行事が行われました。

    今年も入初式が滞りなく行われ、有馬温泉は新春をめでたく迎えました。
    昨年と変わらず、たくさんのお客様に有馬の温泉をお楽しみいただきたいと思います。

    2016年01月01日

    大晦日-5

    昨晩は、2015年の有馬温泉最後のイベント『ゆく年くる年「除夜の鐘つき」と「初詣」』が、有馬温泉の寺町界隈で開催されました。

    大晦日-3

    今年も温泉寺境内では、龍笛奏者の芳村直也さんを代表とする若いミュージシャンの方々によるコンサートが開催されました。

    静まり返った寺町に歌声が響き渡り、お寺のライトアップとマッチして、とても素敵なコンサートでした。

    大晦日-1

    大晦日-2

    毎年恒例の振舞いは、有馬婦人会に炊いていただいた「大根焚き」を有馬温泉観光協会青年部が振舞いました。

    柔らかく味のしみ込んだ大根と厚揚げは、とてもおいしく、無病息災の大根炊きとして、たくさんのお客様に振る舞われました。

    大晦日-4

    温泉寺の参道や湯泉神社の参道には、水蝋燭の灯りが点灯されました。

    午前0時に新年を迎えると、たくさんの方が湯泉神社への階段を上り、初詣へ向かわれました。

    2016年が皆様にとって、無病息災の良い年となりますよう、お祈りいたします。

    2016年01月01日

    あけましておめでとうございます
    旧年中は格別のお引き立てを賜り
    誠にありがとうございました
    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

    平成二十八年 元旦
    元湯 龍泉閣

    480

    2016年の有馬温泉の「初日の出」です。
    本年もたくさんのお客様にお喜びいただけますよう、スタッフ一同、力を合わせてがんばってまいります。