過去の公式ブログ
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2014年06月28日

    神戸市立森林植物園 森の中のあじさい散策

    有馬温泉から車で約30分の神戸市立森林植物園で、今が見頃のあじさいを撮影してきました。

    毎年恒例のイベント「森の中のあじさい散策」が開催中です。

    広大な森の中で25種350品種5万株の紫陽花が楽しむことができます。

    開催期間中、浴衣を着て入園すると、ペアで入園料が無料になるサービスもあります。

    7月13日(日)まで開催されますので、ぜひ、お立ち寄りください。

    神戸市立森林植物園 森の中のあじさい散策

    神戸市立森林植物園 森の中のあじさい散策

    神戸市立森林植物園 森の中のあじさい散策

    神戸市立森林植物園 森の中のあじさい散策

    2014年06月27日

    有馬温泉元湯龍泉閣では、今夏も「エコ宿泊キャンペーン」としまして、7月1日(火)から9月30日(火)までのご宿泊で、節電にご協力いただいたお客様に「カラフルな携帯できるマイ箸」をプレゼントいたします。

    エコ宿泊キャンペーン

    【エコ宿泊キャンペーン】

    ・お客様をお部屋にご案内するまで、お部屋のエアコンはOFFにさせていただきます。

    ・入室後は通常通りお使いください。(エアコンの設定は、なるべく26度以上・風量弱でお使いください。)

    ・大人様お1人様につき1膳、カラフルな携帯できるマイ箸をプレゼントいたします。

    龍泉閣ホームページからのご予約に限ります。(全プラン対象です。)

    ・2014年7月1日(火)から9月30日(火)までのご宿泊に限ります。

    ・龍泉閣ホームページ以外の他キャンペーンとの併用はできませんので、ご了承ください。

    インターネット宿泊予約のページからご予約の際に、備考欄に「エコ宿泊希望」の旨をご記入ください。

    ・既にご予約いただいているお客様で、ご希望の方はお申し出ください。

    みなさまのご予約をお待ちいたしております。

    エコ宿泊キャンペーン

    2014年06月25日

    まっぷるマガジン

    「まっぷるマガジン 京阪神・名古屋発 家族でおでかけ夏休み号’14」に、元湯龍泉閣が掲載されました。

    今年の夏休みもたくさんのお客様のご予約を頂いております。

    キッズコーナーやプールから聞こえてくるお子様の笑い声と笑顔を、スタッフみんなで楽しみにしています。

    皆様のご来館をお待ち申し上げております。(逸)

    2014年06月22日

    沙羅の花と一絃琴の鑑賞会

    有馬温泉では、6月22日(日)と23日(月)に「沙羅の花と一絃琴の鑑賞会」が開催されています。

    本日、運営スタッフとして参加し、初日の様子を撮影してきました。

    念仏寺の庭には、樹齢300年余の沙羅双樹の木があり、真っ白な花を咲かせます。この花は、1日で散るところから無常を感じる花とされています。次から次へと咲き、そして散り行く花は苔の庭にちりばめられ、耳を澄ますと落ち花の音もかそけく心澄み渡るといわれています。

    お茶菓子

    当会では、開演前に本堂にて、お抹茶と沙羅の花をイメージした限定のお茶菓子をお召し上がりいただきます。

    本年度のお菓子は、芋餡を練りきりで包んだもので、かわいらしい見た目とすっきりとした甘さで、お土産にもたくさんお買い上げいただきました。

    念仏寺住職の法話

    沙羅のお庭では、まず念仏寺住職の法話をお聞きいただきます。

    ご住職のユーモア溢れるお話しは毎年楽しみの一つで、今日も盛り上がっていました。

    一絃琴の演奏

    続きまして、須磨琴保存会の先生方の一絃琴の演奏をお聞きいただきます。

    一絃琴は、一枚の板の上に一本の絃を張っただけの極めて簡単素朴な楽器で、板琴、一つ緒の琴と呼ばれることもあります。

    一絃琴の演奏

    一絃琴の歴史は、一千百余年の昔(平安時代初期)、中納言、在原行平が勅勘を被って須磨の地に流されたとき、渚で拾った板切れに冠の緒を張って琴を作り、岸辺の葦の茎を爪にして、その琴を弾じながら、はるか都を偲び、自らの寂寥を慰めたのが始まりと伝えられています。このため、古くから「須磨琴」と呼び慣らわされてきました。1976年には兵庫県重要無形文化財の指定を受けるまでになっています。

    本日も、たくさんのお客様にお越しいただきました。

    明日も開催されます。時間によりましては当日券もございます(一回目と四回目が比較的空いています)ので、有馬温泉にお越しの方は、ぜひ、ご参加ください。

    ※会場が寺院の為、仏事行事が入った場合はご覧いただけないことがあります。その際はあしからずご了承ください。

    2014年06月18日

    念仏寺の沙羅の花

    有馬温泉の初夏の見所『念仏寺の沙羅の花』を撮影してきました。

    今年は10日程前に開花したそうで、白い可憐な花がこれから見頃を迎えそうです。

    沙羅の花は、1日で散るところから無常を感じる花とされます。次から次へと咲き、そして散り行く花は苔の庭一面にちりばめられ、耳を澄ますと落ち花の音もかそけく心澄み渡るといわれています。

    念仏寺の沙羅の花

    念仏寺は、岌誉上人の開基で1532年に創建されました。現存の本堂は1712年の建立で、有馬温泉では最古の建造物です。この寺の石垣は有馬一古いと言われており、見事な石材が使われています。沙羅双樹の木、蛤(はまぐり)石、雀石のある美しい庭園でも有名です。

    6月22日(日)・23日(月)に開催される「沙羅の花と一絃琴の鑑賞会」では、沙羅双樹の花を背に、念仏寺住職の法話で愉しんでいただいた後、須磨琴保存会の先生方による一絃琴の演奏をお聴きいただくことができます。また、開演前には沙羅の茶会として、お茶と沙羅の花をイメージした限定のお茶菓子をお召し上がりいただきます。
    当日券もございますので、お気軽にお問合わせ下さい。

    念仏寺の沙羅の花

    また、6月22日(日)・23日(月)以外の日には、拝観料500円で沙羅樹園が拝観できます。(ほうじ茶、お菓子付)

    ※会場が寺院の為、仏事行事が入った場合はご覧いただけないことがあります。その際はあしからずご了承ください。

    1 2