過去の公式ブログ
  • 2018年10月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2009年02月28日

    三木市の観光スポット

    有馬ナビ弥生・卯月合併号 三木市の観光スポットが完成しました。

    「弥生・卯月合併号」では、神戸市西区の北隣りにある三木市の観光スポットを特集します。

    有馬温泉の西25km位の所に三木市があります。中国自動車道・山陽自動車道が通過し、この地域の交通の要衝となっており、有馬からも車で1時間少々で行けます。三木市は、古い歴史と自然に恵まれ、1300年前に編纂された播磨風土記にも登場します。戦国時代には、東播磨24万石を領有していた別所氏の城下町でした。戦乱で荒廃しましたが、豊臣秀吉によって復興され、後に金物産業が発展しました。「三木市立金物資料館」、「伽耶院」、「三木城跡」、「三木ホースランドパーク」、「山田錦の館」などの歴史探訪スポットや体験スポットがあります。

    大勢のお客様に全国各地から三木?有馬温泉にお越しいただけますよう、龍泉閣スタッフ一同お待ち申し上げております。

    2009年02月24日

    つみきのいえ

    「つみきのいえ」がアカデミショー受賞やって!

    「すご?い!」

    龍泉閣の絵本コーナーにもあり、スタッフもお気に入りだった「つみきのいえ」がアカデミーショー短編アニメ賞を受賞しました。

    絵本コーナーには、1200冊以上の絵本をご用意いたしております。

    新しい絵本も、どんどん増えていっていますので、ご来館の際は、ぜひご覧下さい。

    ?つみきのいえ?

    一人のお爺さんが海の上に突き出た家に住んでいます。この町では、海水が少しずつ上がってくるのに、よその土地に引っ越したりしないで、上へ上へと新しく増築していったのです。ある日、家の増築中に工具を落としたので、海中に潜っていき、かつて住んでいた家を順に下へ下へと訪れます。海の底に沈んだ家には、妻や娘や孫たちとの暖かい思い出がぎっしりと詰まっていました。とても穏やかで心温まるお話です。(麻)

    作:平田研也 絵:加藤久仁生 (白泉社)

    <iframe marginwidth="0" marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=ryuusenkakujp-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4592761316&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe>

    2009年02月23日

    龍泉閣が、「All About」の子連れ旅行ガイドの小暮祥子さんに、「子連れで行く関西(大阪・神戸編)おすすめの宿」としてご紹介いただきました。

    「お子様に優しい宿」としてご紹介いただくことは、私達スタッフにとってとても嬉しいことです。

    これからも小さなお子様連れのお客様に、気軽にご旅行いただき、お喜びいただけるように頑張りたいと思います。

    子連れで行く関西(大阪・神戸編)小暮 祥子

    子連れで行く関西(大阪・神戸編)小暮 祥子

    2009年02月23日

    そうべえごくらくへゆく

    そうべいごくらくへゆく」のご紹介です。

    「じごくのそうべい」に引き続き、この作品もとっても愉快な“あの世”でのお話でした

    “地獄”と“極楽”を舞台に物語りはすすみます・・・

    いつか死を迎える日が来ても、こんな風だったら、怖くないでしょうね(笑)

    ご家族で楽しくご覧ください

    <iframe marginwidth="0" marginheight="0" src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=ryuusenkakujp-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4494012289&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr" frameborder="0" scrolling="no" style="WIDTH: 120px; HEIGHT: 240px"> </iframe>

    2009年02月23日

    三木城跡

    神戸電鉄「上の丸」駅の近くに、戦国時代に東播磨の8郡を支配した別所氏の居城跡があります。秀吉軍の兵糧攻めによって、城内に立て籠もっていた家来や領民は餓えに苦しみ、ネズミや雑草、さらには壁土に混じるワラまで食べるという悲惨な状態でした。このため、この合戦は「三木の干し殺し」とも呼ばれました。城主の別所長治は家来や領民の助命を嘆願し、一族とともに自決しました。

    江戸時代の初めには、姫路城の支城の一つでしたが、幕府の一国一城令によって廃城となり、本丸周辺だけが“上の丸公園”として残っています。公園内には、馬上の別所長治像、辞世の句が刻まれている歌碑、抜け穴があったと伝えられる「かんかん井戸」があります。毎年5月5日に、三木の大恩人である長治公を偲ぶ「別所公春祭り」が開催されます。当日は、長治公の歌碑の前で「歌碑祭」が行われ、長治公を偲ぶ献詠歌を募集し、優秀作を朗詠しています。

    1 2 3 4 5 6