過去の公式ブログ
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月
  • 2015年12月
  • 2015年11月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2008年03月14日

    炭酸泉源公園

    極楽泉源から炭酸坂を上り、炭酸泉源にむかいます。

    よいしょ!よいしょ!

    「やった?!ゴール!!」

    いや、まだまだゴールちゃうで・・・

    炭酸泉源

    「パパ、なんか、あながあいてるでぇ?!」

    なんか、おるかぁ??

    「水があるで?!」

    炭酸泉がたまっています。

    妬泉源

    次に、妬泉源にむかいます。

    「いえぇ?い!ほいくえんの道やで!」

    妬泉源は林溪寺のある湯本坂にあります。

    妬泉源の穴

    妬泉源には、妬神社があります。

    妬神社には、次のような言い伝えがあります。

    昔々、ある人妻が夫に愛人がいるのを突き止めて、愛人を殺し自分も深い温泉に身を沈めました。その血生臭い出来事から後は、美しい女性が着飾ってこの温泉の側に立つと、湯が嫉妬して激しく湧き出したため、嫉妬深い湯だという意味で「妬湯(うわなりゆ)」と呼ぶようになり、そこに妬神社が建てられました。その後、この湯が涸れたため、すぐ裏手に新しく泉源が発掘され、「新妬(うわなり)泉源」と呼ばれています。

    声、聞こえるか??

    「聞こえへんよ?」

    嫉妬されていないようです。

    赤いポスト

    湯本坂を下ると赤いポストが見えてきます。

    このポストを右折してしばらく歩くと天神泉源です。

    天神泉源

    「よーし!着いた?!」

    あともう少しです。

    今日は、青空がとても綺麗です。

    有明泉源

    天神泉源から路地を抜け、有明泉源に着きます。

    ゴボゴボッという音とともに温泉が湧き出しています。

    「パパ、あついぃ??」

    熱いから、気をつけようね!温泉すごいやろ?

    「うんっ!すごいなぁ?(*^_^*)」

    ゴール

    有明泉源からねね橋まで、坂道を下ります!

    「よーし!ゴーールヽ(^。^)ノ」

    所要時間は約2時間。距離1450メートル、高低差60メートル、エネルギー消費量75キロカロリーのコースでした。

    瑞宝寺公園コース、鼓ヶ滝コース、歴史コース、六甲ハイキングコースも歩いてみます。

    有馬ナビ卯月号をお楽しみに・・・

    2008年03月13日

    林渓寺の梅が咲いていました。

    林渓寺の梅

    とてもいい匂いがしていました。

    最近ホントに温かくなってきましたね(^o^)

    2008年03月13日

    ねね像の前からスタート

    さあ!出発するぞ?!

    「おお?ヽ(^。^)ノ」

    次回の有馬ナビ「有馬温泉ウォーキングマップ」の制作のため、有馬温泉街を歩きます。

    今日は、三男と「泉源コース」を歩きます。

    まずは、ねね橋をスタートします。

     

    有馬温泉観光総合案内所

    今回のコースには関係ありませんが、まずは、有馬温泉観光総合案内所に立ち寄りました。

    「ありがとぅ?(*^_^*)」

    なぜかおもちゃを頂きました。三男は愛想がいいので、よく物を貰います。

    得な性格です・・・

    金の湯

    さあ、コースに戻って歩きます。

    「がんばるぞ?ヽ(^。^)ノ」

    少し歩くと金の湯に着きます。まだまだ、元気です。

    御所泉源

    「わあ!パパ、けむりが出てるでぇ?!」

    御所泉源の湯煙があがっています。

    温泉寺

    寺町界隈を歩きます。

    「パパ、ここどこ??」

    ここは、お寺やでぇ。お祈りしときや?。

    全寿庵ごんそば おでん

    ごはん、食べよっか(*^_^*)

    「え、なに??ごはん??」

    有馬の工房にある全寿庵ごんそばで、蕎麦を食べます。

    蕎麦を待つ間、おでんを食べます。

    「駿ちゃん、にんじん食べるわ?(*^_^*)」

    食は細いほうですが、人参は大好きです。

    全寿庵ごんそば 太閤そば

    蕎麦が出てきました。

    太閤必勝そばです。戦国武将の兜を形どっています。

    「すごいな?!やきそばやぁ??」

    ここは、蕎麦屋さんやでぇ?

    「え?、まちがってるやん?」

    ものすごく口が立ちます。ややこしいなぁ・・・

    「や・や・こ・し・やぁ?ヽ(^。^)ノ」

    ・・・

    神戸新聞の記事

    有馬の工房で先日の神戸新聞の記事を見つけました。

    「あ!おにいちゃんやぁ?!!」

    お兄ちゃんと従姉妹の写真も載っています。

    さあ!出発です。

    極楽泉源

    有馬の工房を出て極楽泉源にむかいます。

    ここからも、湯煙が立ち上っています。

    もう少し、頑張ろっかぁ?

    「おぉ?ヽ(^。^)ノ」

    後編に続きます。

    2008年03月12日

    神戸三田プレミアムアウトレットに行ってきました。

    裏手の駐車場に、大きなテントが建っていました。

    ポップサーカス

    ポップサーカスのテントでした。

    4,5年前にもフルーツフラワーパークに、このサーカスが来てまして、

    その時は家族で観に行ったんですが、

    なんと途中で舞台に上げられトランポリンをさせられました。

    とっても高く飛ばされてめちゃくちゃ怖かったです(T_T)

    また観に行きたいんですが、トランポリンはもうしたくないです(^_^;)

    2008年03月12日

    にむしんの梅

    毎日、子どもたちを送り迎えする有馬保育園。

    隣接する林溪寺の梅の花の蕾が大きくなってきました。

    この梅の木は、「未開紅」と呼ばれ、樹齢200年以上の紅梅の古木です。

    この名称の起こりは、1781年、本山19世乗如上人(本願寺の門主)が有馬入湯の折に、梅の蕾の紅色が殊に深く、美しいのを見て名付けたものと言われています。

    毎年初春になると、紅色の美しい八重の花が咲きます。

    古くから、この梅の実を食べると子宝に恵まれるという言い伝えがあり、別名「はらみの梅」、「にむしんの梅」とも呼ばれています。

    花が咲いたら、お知らせいたします。春が待ち遠しいです♪

    1 2 3 4 5 6 7 8 9